• TОP  > 
  • ハウス・イン・ハウス
   
ハウスINハウスとは?
思い入れのある今の家を壊さずに、内側に新たな壁をつくることで生活に必要な部分だけ新築同様の快適な空間を創る。
それがお家の中にお家をつくる『ハウスINハウス』です。

省エネルギーで夏涼しく冬暖かい健康に優しい生活エリア、いつも使うキッチンやお風呂などの水まわりも新しく。
オリジナルのパネルにより短い工期かつ手の届く価格を実現しました。
 
ハウスINハウス3つの特長
断熱リフォームは、壁を一度解体し、断熱材を入れて、また仕上げをする、という工事が必要でした。
しかも壁・床・天井を一筆書きのように繋げて行わないと効果はゼロ。
結果、家全体をリフォームする大工事となり、金額も工期も負担が大きく、工事内容も不透明なケースが多々ありました。
ハウスINハウスは、オリジナルのパネルにより実現した3つの特長でそれらを解決しました。
   
3つの特長その一 ◆壊さない◆
思い入れのある家を壊さずに お家の中にお家をつくる
 
3つの特長その二 ◆安心価格◆
「住まいのカルテ」を元に、必要な部分だけ安心価格で
 

ハウスINハウス基本パック498万円(税別)〜

ご要望の多いキッチン・洗面所・バス・トイレを含む17.5畳相当の室内と水回りの断熱リフォーム基本パック498万円(税別)〜をご用意しています。

基本パックを軸としながら、「住まいのカルテ」を元に本当に必要な箇所と資金内訳のご説明を行い、資金計画を明確にします。

 
3つの特長その三 ◆短い工期◆
壊さないから短工期 最短7日間でリフォーム
 

断熱リフォーム

断熱リフォーム
 
断熱リフォームって?
高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。
住宅の外部に面する壁・窓・屋根などから熱が逃げないように「断熱」してあるので冷暖房の効率もよく、省エネルギーで夏涼しく冬暖かい快適な住環境が実現できます。
夏も冬も外気温の影響を受けにくく室内の温度差が少ないため、
熱中症やヒートショックなどから家族を守ってくれます。
 
新築住宅では2020年から高断熱が義務化されますが、
従来の家でその基準を満たしている家はわずか5%。
リフォームで新築同様の快適さを実現するためには、
多くの家では内装・水まわりだけではなく、断熱性能の改善が必要となるのです。
 
断熱性能が高い家 3つのメリット
その一:夏涼しく冬暖かい
 
その二:光熱費が安くなる
 
その三:家族の健康を守る
 
ハウスINハウスのホームページはこちら
福山建築
本社:〒682-0023
鳥取県倉吉市山根539-1
 MARUWA39plaza 2F
(旧倉吉スポーツプラザ)
TEL 0858-27-0112 
FAX 0858-27-0113
 
本店:〒682-0121
鳥取県東伯郡三朝町大瀬886-1
TEL 0858-43-5277
FAX 0858-43-5278
-------------------------------
・新築工事リフォーム水廻り
内装工事解体工事電気設備工事
太陽光発電システムの施工販売
-------------------------------
鳥取県知事許可(般-27)第6759号
宅地建物取引業 知事(1)第1354号
<<福山建築>> 〒682-0023 鳥取県倉吉市山根539-1 MARUWA39Plaza2F TEL:0858-27-0112 FAX:0858-27-0113